~ 眠りと目覚めのメリハリを ~

最終更新: 2020年10月7日


※適度な運動、しっかり朝食、眠りと目覚めのメリハリを


よい睡眠には、定期的な運動や規則正しい食生活、眠りと目覚めのメリハリが大切です。


〇 適度な運動習慣

入眠を促し、中途覚醒を減らすことにつながります。

※激しい運動は睡眠を妨げる恐れ。


〇 規則正しい食生活

朝食が少なく、昼食や夕食の摂取量が多いと睡眠のリズムが不規則になる恐れ。

朝食をしっかり摂り、元気に一日をスタート!


〇 寝酒は避けましょう

浅いノンレム睡眠の時間が増加したり、睡眠時間が減少したりするので控えましょう。


〇 就寝前の喫煙

たばこに含まれるニコチンには覚醒作用が!


〇 リラックス

寝る1時間前から何もしなくてよい時間を設けることが理想。


〇 睡眠に適した環境づくりを意識する

夜間の騒音、明るい照明、スマホのライト、高温や低温の環境では中途覚醒が増加する。寝室は静かで暗くし、温度や湿度を快適に保ちましょう。


〇 眠くなってからベッドに入りましょう

無理に眠ろうと意識し過ぎることで眠れない不安を招きます。


〇 起きる時間を一定にする

毎日同じ時間に起き、朝日を浴びることで、体内時計がリセットされます。



0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示