知って得するスキンケアの基本


~ 美容で明日のキレイ!! ~


将来の肌を健やかに保つケアのサポーターとなり、あなたを応援します。


基本のスキンケアは「①取り除く、②育む、③与える、④守る」

①取り除く・・・汚れやすい角層の表面などを取り除く。(メーク落とし・洗顔)


②育む・・・角層を育み、よい状態を保つ、保湿する。(化粧水・乳液)

③与える・・・肌本来の働きを保ち、健やかさをあたえる。(クリーム)

④守る・・・紫外線や感想などの悪影響から肌を守る。(日中用美容液・日焼け止め)


基本ケアをおさえて、お手入れすると、将来の肌悩みをつくらない健やかな肌を維持できます。

【夜のお手入れ】
ステップ1 汚れをしっかり落とす。

 ポイントメークや下地、日焼け止めをクレンジングで落とす。
 シート状のクレンジングもありますが、クリーム・ジェル・オイルなど、自分の好み、汚れ度合いに合わせて選ぶとよいです。


 ※疲れた日や、簡単メークの時は、シート状クレンジングで落とすのもありですが、できれば毛穴に汚れを溜めないように、しっかりクレンジングをした方がお肌は喜びます。

ステップ2 洗顔!


 泡立ては上手にできていますか?
 手・顔をぬらしてから洗顔フォームを手のひらに1cm出し、水と空気を含ませながら泡を立てます。
 ホイップクリームのようなキメ細かいふわふわした泡ができたらGoodです。
 なじんだら、次はやさしくすすいて下さい!両手でやさしく20回くらいすすいでね。
 ※上手に泡立てできない時は泡立てネットで、もこもこ泡が作れます。
  両ほおに泡をおき、お顔に泡をころがすように力をぬいて顔全体になじませます。
 ※皮脂分泌が多いTゾーンはより丁寧に!!

ステップ3 化粧水

 ふんわりタオルで軽く水気をおさえたら直ぐに化粧水を・・・
 時間がかかるようならスプレー状(ミスト)状の化粧水で応急処置もOKです。
 化粧水はコットンに500円玉硬貨大をとり、お顔の中心から外側に円を描くようになじませます。

  順番は、ほお⇒額⇒まぶた⇒目の下⇒鼻すじ⇒小鼻⇒口のまわり⇒フェイスライン

 1カ所3回くらいでコットンを大きく動かすと、力が入りすぎず肌への負担になりません。


ステップ4 乳液

 コットンに3回押し10円玉効硬貨大をとり、コットンにふっくらのった乳液を2つ折りになじませてから、両ほおにちょんちょんとおき、化粧水と同じ順番でお顔にうるおい補給してくださいね。

ステップ5 クリーム

 お顔に大切なラップ掛けをしてください!サランラップではなく(笑)クリームの膜掛けです。

 パール粒1個分を指先にとり、お顔の5カ所

 両ほお⇒額⇒鼻先⇒あごにおいて両手でゆっくりと円を描くようになじませます。

 クリームがお顔全体になじんだら、さらに小顔のエクササイズもしてください。

 あごから耳の下⇒小鼻から耳横⇒小鼻からこめかみと、手のひら全体で引き上げると、シェイプアップ効果大です。
 ※ちょっと疲れて面倒な時はオールインワンで代用可ですが、最近のオールインワンもお肌悩みやパック効果のある商品もあります。ここはお店で聞いてね。

【ここが大事!】
ベストな睡眠時間は眠りのサイクル1.5時間の倍数と言われていますが、少なくとも4倍くらいは眠りたいものです。10時~2時は黄金の眠りと言われ、さらに肌を美しくし、成長ホルモンが活発に分泌される大切な時間と言われています。

見逃せない時間ですよ!


ぐっすりとゆっくり眠ってお肌の疲れたとれた朝は、まず夜の間に古い角質がお肌表面に代謝しています。

 水だけの洗顔ではなく、泡立て洗顔を心がけてください!
 朝の洗顔は、お肌悩みをつくらない大切なステップですよ。

 洗顔後は化粧水・乳液となじませたら、守るケアを!!

 日中用美容液や日焼け止めをつけ、肌の守りをしっかりしてくださいね。
最近はマスクせいかつなので、粉白粉をおさえるのもベタつき防止や、マスクトラブルを予防できる一手です。

 ※シミ・そばかすがお悩みの方は、ファンデーションをつけた方がより悩みを深刻化させません。
 ※お化粧下地をつけて、ファンデーションをつけた方が、つき・持ちがぐ~んとよくなります。

お手入れ.gif