p-hadaare_edited.jpg

敏感肌には、肌の抵抗力バリア機能を維持することが大切です

◎アレルギーや刺激を起こす可能性のあるものをとりのぞいた敏感肌・不安定肌用の化粧品をおすすめします。

◎洗顔後の肌は皮脂によるバリア機能が弱くなるので、肌に残っているシャンプーやリンスがトラブルをおこす原因になる可能性があります。

◎皮ふの抵抗力を強めるタンパク質、ビタミンB2、B6、カルシウムを多く含むものを積極的にとるように心がけましょう。サラダは、ビタミンB2たっぷりなのでおすすめです。

精神的・肉体的ストレスはホルモンのバランスを崩しメラニンをつくる細胞の
働きが活発になります。
またストレスはビタミンCを​多量に消費します。

敏感肌・不安定肌1 (1).jpg

紫外線は3月頃から強くなり、

5月が強さのピークです。

くもりの日や窓ガラス越しでも、

​紫外線の影響を受けています。

ビタミンが不足すると紫外線への抵抗力が弱くなります。
​また日やけの回復が遅くなります。

<敏感肌>
さまざまな刺激に対して肌の感受性が高まった肌
<不安定肌>
普段は問題ない肌であるが一時的に刺激に対して感受性が高まった肌
【原因】
肌の乾燥・季節変化・紫外線・栄養のバランス精神的なストレスや睡眠不足・性周期・遺伝的要素

バランスの良い食事をしていますか?

イライラやストレスを​感じることが多くありませんか?

好き嫌いや外食が

​多くないですか?

汚れ、老廃物を取り除く

紫外線や刺激物からから肌を守る

●角質層にはさまざまな刺激(乾燥など)から肌を保護するバリア機能がある

●このバリア機能は季節の変わり目や睡眠不足ストレスなどにより弱まってしまう。そのため
・肌の抵抗力の低下
・角質層の水分不足
・肌の知覚過敏状態
を引き起こす。

●末梢神経が過敏になることで、普段使い慣れている化粧品が急にひりついたり、肌あれをおこしたりする。

○化粧水+乳液or保湿液
※敏感肌用・不安定肌用

乱れがちな肌のモイスチャーバランスを十分に整え、肌の抵抗力バリア機能を維持する

◎アレルギーや刺激を起こす可能性のあるものをとりのぞいた敏感肌・不安定肌用の化粧品をおすすめします

◎洗顔後の肌は皮脂によるバリア機能が弱くなるので、肌に残っているシャンプーやリンスがトラブルをおこす原因になる可能性があります

◎皮ふの抵抗力を強めるタンパク質、ビタミンB2、B6、カルシウムを多く含むものを積極的にとるように心がけましょう。春になるとさらにおいしくなるサラダは、ビタミンB2たっぷりなのでおすすめです。

ビタミンCが大量に消費され、シミ・ソバカスができやすく、​また、消えにくくなります。

●角質層のバリア機能を改善する

●表皮のターンオーバーを整える